甲州 の検索結果:

2018年度 プチゼミ旅行

…げ屋根を設ける形式は甲州民家の特徴です。 縁側に腰掛ける青井研の令嬢たち。 サングラスが眩しい。 集合写真。次の目的地は、北川原温氏設計のキースへリング美術館。 到着を喜ぶ人々。キースヘリング氏は1958年アメリカ生まれのアーティストです。 太い線描で、人型を繰り返し用いる作風でした。 美術館はスロープによる上がり下がりを多用する構成で、 キースヘリング氏の動的な作品と呼応しています。ここでは、キースヘリング氏の躍動感溢れる作品に触発され、 青井研のメンバーは、様々なポーズで…

TOR06下高井戸 完成しました!

TOR

…の辺りは農村でした。甲州街道の宿場町でもありましたが、甲州街道の利用者が少なかったために閑散としていたそうです。甲州街道の北側には江戸市中へ飲料水を送るために玉川上水が通っていたり、現在明治大学和泉校舎がある場所は江戸幕府の塩硝蔵(鉄砲弾薬等の貯蔵庫)が置かれており、江戸時代から江戸市中を支える機能が配置される場所でした。時代は進み、関東大震災後の郊外への人口流入の際には、下高井戸にもサラリーマン層が移り住み、さらに面白いことに寺院の移転先にもなり、都市の変化に応じて、この場…

TOR06下高井戸 街歩き

TOR

…きマップ下高井戸宿は甲州街道の二番目の宿場町だったのですが、寒村であったため、上高井戸宿と合宿の形態(1日〜15日下高井戸宿、15日〜月末上高井戸宿)をとっていたこと、半農半宿(農業と宿駅を行うこと)で生活を成り立たせていたことが特殊性として挙げられます。実際に街を歩いてみると、かつての宿場町の一筆と思われる範囲に大きな屋敷がいくつか見られました。これは屋根が連なり狭い路地が通されている千住宿(TOR02)とは違う現状でして、千住宿の一筆の間口が6~7間に対して、下高井戸宿は…